学習習慣の無い子には【スタディサプリ】小学講座が良いと思う

うちの子がベネッセの通信教育のチャレンジ小学生講座をやめました。

保育園の時からずっと続けていたのですが、今年、小学校3年生の3月で止めることにしたのです。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]

プレッシャーに耐えられなかったようです。

[/word_balloon]

プレッシャー?

そう、やりもしないのに毎月毎月送られてきて、教材がどんどんたまっていくプレッシャーです。

うちの子は少しずつチャレンジ小学生講座をやらなくなりました。

流れとしてはまず、チャレンジ1年生の「オリジナル」という「学習スタイル」ではじめました。

小学校に上がる前は、歯みがきわんちゃんやはなちゃん(しまじろうのいもうと)が来たりする程度なのであまり、やるやらないは関係無いと思います

学習スタイルについては下記をご参照ください。

最初は真面目にやっていましたが、徐々にやらなくなったのです。

理由はめんどくさいからです。

小学生と言えば遊びたい盛りではないですか?

やる時間を決めてみたり、ご褒美制にしてみたり、すぐに丸付けをして急かしてみたりといろいろやりましたがなかなか長続きしません。

結局は親の方が根負けです。

だって何度言ってもやらないんですもん。

でもそれも当たり前かもしれません。ドリルやプリントが、テレビやゲームより楽しい訳ないじゃないですか?小学生に普通に言ってもやる訳がありません(うちの子の場合)。

次に取った手がチャレンジ小学生講座の学習スタイルを「オリジナル」から「チャレンジ・タッチ」に替えてみました。

チャレンジ・タッチとはタブレットを使った学習法です。詳しくはこちらをご覧ください。

チャレンジ・タッチは最初うまく行くかと思ったのですが、これも長くは続きませんでした。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]

やはり、理由はめんどくさいからです

[/word_balloon]

仕方なく、また学習スタイルを紙ベースのオリジナルに戻しました。

この辺りからもう何がしたいのか分からなくなって来ました。

チャレンジ小学生講座の費用は毎月、2,700円前後です。高くも無いけど安くもありません。

やりもしないのに、毎月教材は送られてきて、費用は取られます。

親にもプレッシャーが掛かりますが、それ以上に我が子にもプレッシャーがかかったようで。

「お願い。もうやめさせてください」

とお願いされてチャレンジ小学生講座は止めることになりました。

うちの子は、チャレンジをやめられてホッとしたようですが、親はホッと出来ません。

うちの子は今年の4月から小学4年生です。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]

小学校4年生と言えば9歳の壁!!

[/word_balloon]

急に勉強が難しくなって勉強の出来る子と出来ない子が明確になる年齢なんです。

うちの子は勉強の方では無い方で、9歳の壁にぶち当たっています。

これで、勉強までついていけなくなっては、大変です。

対策を練らなくてはいけません。

何かうちの子に合った学習法はないのでしょうか?

うちの子の特性は……

・テレビが好きです
・読書が超好きです
・知識欲は半端ないぐらいあります(雑学が好物です)
・超々めんどくさがりやです
・少しゴリラに似ています

さあっ!!

これに合った勉強法は何かないのですか?

色々調べた結果。

リクルートの通信教育【スタディサプリ】をやらせてみることにしました。

スタディサプリとは

動画で授業が観られる通信教育です。見放題で月額980円(税抜)と塾などと比べて大変お安いです。

スタディサプリ小学講座・中学講座
スタディサプリ小学講座-01
出典:スタディサプリ

1授業が15分程度で、その数、10,000以上!

もう何が良いかって!

一回の授業(動画)が15分程度なんですよ!

スタディサプリには、1コマ15分程度で10,000以上の授業の動画がある

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]

素晴らしいではないですか

[/word_balloon]

これが一回の授業動画が45分とかだったらどうします?絶対、うちの子は集中力が持ちません。

それに、いつやれというんですか?

小学生と言えども毎日忙しいです。

学校の宿題をしたり、サッカーの習い事に行ったり、大好きなテレビアニメを見たり。

ゴリラのモノマネをしたり。

うちの子は、弟とデュ◯ルマスターをして遊んでいる時に
弟が「このゴリラ」
と言うと
兄「違う!俺はゴリラではないウホッ!」
と言ったりしています……

そんな忙しい小学生が、なかなか30分や45分の時間は取れないでしょう。

しかし、15分なら!

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]
15分なら無理なく続けられそうではないですか?
[/word_balloon]

プロの講師の分かりやすい映像(動画)で授業を受けられる

動画というところが良いです。

うちの子は何かにつけては

「テレビ着けていい?」

「テレビ着けていい?」

と聞いてきます。

別に見たいテレビが無くてもテレビをつけたがるんです。

そして、テレビをつけるとチャンネルを一通り回して、自分の一番面白そうだと思うチャンネルを見ます。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]

今は面白そうな番組が無くても、見ないという選択肢は無いみたいです

[/word_balloon]

多分、まだ自分から情報をひろいに行くのが苦手なんですよね。

テレビなら観てれば勝手に情報が、目や耳から入ってくるではないですか?

それが良いことか悪いことかは別として、今はこの方法が良いと思えるんです。

ドリルやプリントを開いても、やる気は出ません(うちの子は)。

しかし、動画で説明が始まるんです。

そして面白いと評判のプロの講師が教えてくれます。

スタディサプリ小学講座-02
出典:スタディサプリ

興味をそそるでしょ?

これならうまくすれば暇な時間に自分から進んでやりそうです。

追加料金なしで先取り学習が可能

追加料金なしで先取り学習が可能なんです。

これも嬉しいです。

学校の勉強には得意不得意があるでしょう?

うちの子は

・算数と理科がかなり得意です

・理科は超好きです

・算数は得意ですがあまり好きではありません

・国語は苦手な上に嫌いです

・社会は可もなく不可もなくぐらいです

・そして少しゴリラに似ています

という訳で理科が超得意な上に好きなんです。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]

伸ばしてあげましょうよ!得意教科を

[/word_balloon]

スタディサプリに申し込んだらまずは理科をやらせるつもりです。

本人が理科が面白くて好き と言ってるんですから。

どんどん先取りして伸ばすべきだと私は思います。

少し遊び心がある

勉強してコインを貯めると、自分専用のペットにえさをあげて育成するなどゲーム感覚で楽しめるそうです。

スタディサプリ小学講座-03
出典:スタディサプリ

こういう息抜きは本当大事です。

大人だって、黙々と勉強なんか出来ません。勉強には理由が必要です。

勉強をするとコインがもらえる。もらったコインでゲーム上のペットが育つ。

そういうメリハリが大事だと思います。

みなさんもいかがですか?

まだ集中力の発達前のお子様には持ってこいの学習法だと思いますよ。

スタディサプリ小学講座・中学講座

実際にスタディサプリに申し込みました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。